カテゴリー別アーカイブ: 応援

F割

フェラ割
よく同窓会で再会して、それから焼けぼっくいに火がついて、付き合うとか、不倫とか、二股状態になるとか、そういう話よく聞くでしょ。
自分の場合、そこまでじゃないけど、、、F割っていうの?同窓会で再会した昔のクラスメートとそういう関係になってしまったんだよね。
なんていうか、俺、巨根なの。たまたまそれが話題になっちゃって。
一人が「こいつの、巨根だったよなー。今でもそうなの?」ってからかうように聞いてきて、しかも下半身触ろうとしてくるんだよ。
冗談半分に「そこのサイズは変わんないからねー」なんて笑ってたのね。
その男同士の会話を(元)女子たちが聞いてたみたいで。
それで、同窓会が終わってお開きになって、二次会に行く奴とか、抜けるやつとかいてさ。自分もどうしようかなーなんて思ってた時に、その人から声かけられて。
「二次会に行かないなら、一緒にカラオケ行かない?」って。
女子だけの二次会に誘われた?ってドキドキしちゃったんだけど、普通にその人と二人で二次会することになってしまって。
最初はその人もはっきり何をどうしたいとは言わなかったんだけど、、、
「フェラしてあげようか」って。それで自分で言って、慌ててそれを否定するかのように、「あ、違うの、エッチしたいとかそういうことじゃなくて、F割っていうか、そんな軽い感じの!」って。
さらに「興味があるだけなの!F割に興味があるんじゃなくて、、、その、なんていうか、男根っていうか、、、男子が大きいって言ってたの聞いてて」って。
なんか必死にいいわけっぽく言ってたけど、ただ単に俺のチンコが見てみたかっただけみたい。
お小遣いが欲しい
お小遣い欲しい

出会いアプリ

セフレが欲しい
私は出会いアプリでコンパする相手を探していました。友人に頼まれたからです。もちろん私も彼氏が欲しいという気持ちはありましたが、どちらかというと友人の方が乗り気でした。そもそも私はコンパでは彼氏を作りたくなかったのです。私の勝手なイメージですが、コンパに来る人は遊んでいるという印象がありました。そんな人と付き合っても上手くいくはずがないと思っていました。とはいっても出会いが欲しかった私は、ひそかに個人的に出会いアプリで出会いを探していました。そのことが友人にばれたため今回の件を頼まれてしまったのです。それから、個人的な出会いを探すのは後回しにして、出会いアプリでコンパ募集をする羽目になったのでした。私は嫌々でしたが、もしかしたらという思いがあり、真剣に相手探しをすることにしました。友人が求める厳しい条件をクリアしなければいけないので難航しそうでした。たくさん連絡をもらうことはできたのですが、相手の人を選んだり、相手の人がどんな人なのかリサーチするために連絡を取り合うことがめんどくさかったです。そして、私がそんな苦労をしながら厳選した男性グループとコンパすることが決まりました。相手もこちらも5人ずつです。そのことを友人たちに伝えコンパの日を迎えることに。色々と大変でしたが、だんだんとコンパの日が楽しみになっていました。コンパ当日、待ち合わせに現れた男性たちはなかなかの人たちでした。思った以上に盛り上がり来週またみんなで集まることが決まり私は苦労の甲斐があったなと思っています。
セフレ募集アプリ

援デリ

割り切りの相場は1万円から3万円
17歳で妊娠して、出来ちゃった結婚をしました。
19歳の時にも出産して、子供は2人います。
上の子が3歳の時に旦那とは別れました。
それから女手一つで子供たちを育てています。
養育費をくれる約束で離婚しましたが、金にだらしない元夫は、最初の2ヵ月だけくれてその後は知らんぷりです。
彼をあてにしていても自分が困るだけなので、昼間はパートをしていますが、それだけでは食べていけません。
なので、空いた時間で援デリの仕事をしています。
何故援デリの仕事をはじめたかというと、ポストに募集のチラシが入っていたのです。
自由出勤で高収入、好きな時に働ける。
そんな謳い文句につられて、援デリの仕事を始めました。
今現在23歳なので、これからどのくらい続けられるか分からないけど、子供が小さいうちは、援デリの仕事が一番時間の融通が利いて助かっています。
もちろん子供たちには仕事の内容は口が裂けても言えませんが…
援デリの仕事をしていると、男性の性欲が気持ち悪くなります。
奥さんや彼女がいるのに、援デリで女の子を呼ぶ人って本当に多いです。
元旦那も、結構頻繁に風俗とか行ってたので、本当に嫌になります。
でも、男性のそれを仕事としている訳ですから、無くなってもらっては困ります。
ただ、援デリの仕事を始めてからは、もう彼氏とか要らないって思いました。
軽く男性恐怖症になってしまいました。
この先、もうずっと再婚もせず、子供達の為だけに生きていこうと強く誓いました。
お金くれる人